業務用アイス・スイーツをお探しならサンリンクへ

業務用アイス・スイーツをお探しならサンリンクへ

トップ>誕生Story

誕生Story

スノーグラス誕生ストーリー

『さらさらの粉雪のようなアイスをつくりたい』

スノーグラスのスタートはこの想いからでした。
最初はなんとなく「すぐ出来るだろう」と、安易に考えていましたが、そう甘くはありませんでした。
「単純にアイスクリームを固めたらどうだろう・・・」
味は良いのですが、ふわふわさらさらには程遠いものでした。
この日からメーカーさんとの試行錯誤の日々が始まりました。牛乳の割合や糖分の割合、その他の配合を調整して作っては試食の日々。

「さらさらだけど味がない」
「ポタポタ落ちてべた雪みたいになる」
「解けるのが早くて扱いにくい」

などなど失敗の連続です。

「やっぱりアイスはアイスクリームの形でしか無理なのか・・・」

半ば諦めかけた時もありました。
でも作りたい・・・ 

「絶対出来る。作ってみせる!」

1ヶ月が過ぎ、2ヶ月、3ヶ月・・・
時間ばかりがどんどん過ぎていきます。

これでもだめか。


しかし、確実に変化が表れてきました。


「本当に出来るかも」

ある日いつものようにメーカーさんから試作品が送られてきました。何の根拠もなかったのですが、なんだか今日はいい予感。
専用の削り器にのせ、スイッチを入れる。

「シャシャシャシャ」

軽やかな音が響き、さらさらのアイスがお皿に降り注ぎ、中には雪のようにふわふわと飛んでいくものもありました。

「やった!これだ!この感じだ!」

予感は的中しました。スノーグラスの完成です。
スプーンですくってみるととても軽く、初めての感覚です。口に含むとスッと溶け、さっぱりした上品な風味が広がります。

「そうそう、この食感」

長い道のりでしたが、最後まで諦めずやっとの想いでスノーグラスが完成しました。


こうして世界でただひとつ、新食感アイス、スノーグラスが誕生しました。

苦労の末やっと完成した「スノーグラス」。

ぜひ一度食べてみてください。